快適度が変わる!部屋の大きさ

部屋の大きさは快適な暮らしに重要です

賃貸に住む場合、間取りも大事ですが、部屋の大きさ自体も大事です。何故かというと、一定時間その部屋で生活をするため、自分に合った広さでないとストレスの原因になるかもしれないからです。例えば独身で日中仕事をしている場合。基本的に休日以外は日中部屋にいないので、1週間の大部分の時間は使用しないことになります。であればそんなに広い部屋は必要ない、と考えることもできます。一般的に単身の場合、25平方メートルの広さが目安になっています。

一方で、広い空間はゆとりを感じることが出来ます。自分の部屋に快適度を求めたいのであれば、広めの部屋を選択するのも一つの方法です。部屋が広ければ自分のお気に入りのインテリアや飾りをたくさん置くことも可能です。

家族で賃貸に入居するならなるべく大きい部屋を選びましょう

4人世帯の場合、推奨される部屋の広さは、一般的に125平方メートル程度とされています。ただこの広さのマンションは、立地にもよりますが価格もかなりの金額になります。ファミリー向けのマンションの平均的な部屋の広さは75平米くらいが平均です。4人家族では、やや狭い感じです。子どもが小さいうちならいいでしょうが、大きくなってくると窮屈さを感じてくるでしょう。快適な暮らしを求めるのであれば、このあたりは十分考慮したうえで、物件を選ぶ必要があります。

ただし物件の間取りや空間作り次第では、このような例にあてはまらない場合もあります。快適な空間を確保する為に、例えば天井を高く設計したり、収納を削って部屋を広くしたりなど工夫をしている物件もあります。

札幌北区の賃貸は周囲へのアクセスに優れています。鉄道では千歳線の利用が可能ですし、市内循環バスの利用もできます。